読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年以内に投資で脱サラを目指す20代サラリーマンのブログ

株式投資、デリバティブ、不動産投資などで3年以内に脱サラする軌跡を綴るブログです。

不動産投資一発目は賃貸併用住宅

不動産投資

やあ(´・ω・`)

ようこそ、当ブログへ。僕の名前はぽこたん。

このウイスキーはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

 

社畜のみんな一週間お疲れ様。脱サラしたら金曜日はどんな気持ちで迎えるんだろう・・・

 

 

さて、昨日今日とこのブログの方針とかを書いてきたけど、今日からは具体的な投資の内容について触れていきたい。

実はぽこたんは来週、土地の決済っていうビッグイベントがあるんだ。

半年前から勉強を始めた不動産投資だけど、やっと一発目が始まろうとしてる。

そもそも不動産投資って株と違ってスタート時点をどこにするかって人それぞれのような気がする。株だったら最初に株を買った日がスタート日にする人が多いだろうけど、不動産は初めて一軒目を購入するまでだいぶ時間がかかる人がいるから、勉強を開始した日にする人もいるのかもしれない。まぁ本質的なことじゃないからどうでもいいんだけど。

 

タイトルにもある通り、ぽこたんの不動産投資一発目は賃貸併用住宅で、しかも土地から仕入れてる。不動産投資の手法に対する考えは人によってだいぶ変わるから、ぽこたんはどの手法が良いとか悪いとかは言うつもりはない。はっきり言って投資は儲かったやつが正しいと思ってる。

一応ぽこたんなりにどうやれば今後不動産を買い進めて行けるか、どうすれば脱サラにつながるかを考えて、一発目は賃貸併用住宅にしているわけだけど、その考えを書いていこうかな。もちろんさっきも書いたように賛否両論あるし、これが正しいかどうかは現時点ではわからないと思う。

 

 

まず、賃貸併用住宅は利回りやキャッシュフローっていう面で見ると普通の一棟アパートに劣るんだけど、一番のメリットは融資、つまり住宅ローンが使えることだと思う。

なぜなら、不動産投資を始めるにあたってぽこたんが一番不安だったのが融資付だった。

物件を見に行ったりシミュレーションをするのは数をこなせるけど、実際に買いたいと思った物件の融資を引けるかどうか・・・。

住宅ローンならそこがクリアできているから一発目には良いのかなと考えてた。

何より、早く不動産を持ちたかったしね。勉強的な意味で。

 

あと、実家住まいや社宅などで家賃負担があまりない人にとってはうまみはないかもしれないけど、ぽこたんは全額自腹で賃貸の家賃を払っているので、その分をまるまる家賃収入として換算してる。そうやって考えると実は賃貸併用住宅にすることによって、月々の貯金可能額は割りとあがる。つまり、現金を確保できるってこと。

もちろん、住宅ローンを使うってことは税的にも優遇される場面が多い。

それについては後日また詳細を書こうと思っているけど、不動産投資において税金の知識はすごく大事だと思う。

 

前回の記事でも書いたように『家賃収入+給与からの貯金』は株やオプションで運用する予定で、次の物件の見せ金や諸費用にする。

家賃収入では自宅部分があるためアパートよりも減るけど、月に運用できるお金っていう見方をすればいい感じになると目論んでる。

investman.hatenablog.jp

 

 

 

ここで、ひとつ重要なことがある。

それは家賃収入は取っておいて将来の修繕費用とか、リフォーム費用に当てたほうがいいんじゃないの?運用失敗したらどうするの?っていう話。

不動産投資を勉強している人なら、家賃に手を付けるなんてなんてリスキーなことをしてるんだこいつって思うかもしれない。

そこはぽこたんの腕の見せ所。ここで失敗するようだったら3年で脱サラなんて無理。

運用に自信があるわけじゃなくて、努力して失敗しないようにがんばるっていう意識を持つことが大事だと思ってる。背水の陣みたいな感じかな。

 

長くなったけど不動産についてはまだまだ考えていることがいっぱいあるから、徐々に書いていければいいと思ってる。当面はブログネタに困ることはなさそうなくらいにね!

 

それじゃ良い週末を!

 

 

 

追伸:

現在朝の5時。

会社から帰ってきて仮眠したら失敗して、起きたら3時だった。これからもう一眠りしようかな・・・