読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3年以内に投資で脱サラを目指す20代サラリーマンのブログ

株式投資、デリバティブ、不動産投資などで3年以内に脱サラする軌跡を綴るブログです。

スロットとトレード

やあ(´・ω・`)

ようこそ、当ブログへ。僕の名前はぽこたん。

このワインはサービスだから、まず飲んで落ち着いて欲しい。

 

前回更新してから少し日が空いちゃったけど、風邪でダウンしたり、本業が色々忙しかったりしてね(´・ω・`)

あと、実は最近スロットを始めて、閉店くらいまで打って帰ってきたりするから疲れて寝ちゃったりしてたんだ。

ということでスロットについてちょっと書いてみる。

 

スロットはギャンブル?投資?

このブログは投資についてのブログなのにスロットなんてギャンブルのこと書いてねじゃねーって言われるかもしれないけど、割と真剣にスロットは投資としてやってるんだ。

トレーダーって実はパチプロ出身って人が多いのは知ってる人は知ってると思う。

趣味でやってたんじゃなくて、それで飯を食ってたらしい。

最近も、とある株のブログを見つけて読んでみたら、スロットで生計を立ててそこから株に手を出してる人だった。

スロットが上手い人は株がうまいのか?と単純に思ったんだけど、そもそもスロットなんて1回もやったことなかったから(パチンコは学生のころやってたけど)目押しがうまいのか?くらいの考えしかなかった。

そこで結構がんばってスロットについて調べてみたんだけど、スロットは立ち回りによって期待値をプラスにできるってことがわかった。(詳しくは各自で調べてみてね)

期待値がプラスってことは大数の法則に従えばその期待値に収束していくわけだから、長期的には収支がプラスになるっていうこと。これは理論的にも正しいし、スロットの期待値も信用できるデータが出てるから間違いないと思う。

ぽこたんはここでピンときた。

 

期待値がプラスの台を打ち続ければ勝てる≒期待値がプラスのトレードを続ければ勝てる

 

なるほど、たしかにトレードと似てるかもしれないな・・・と。

 

スロットとトレードのマインドは同じ

トレードでよく「無駄なトレードしたな~」とか「普段ならINしないようなとこでINしちゃったな~」みたいなことってあると思う。

もちろん、その結果勝つこともあるし、負けることもあると思う。

最近スロットを打ち始めて猛烈に感じるのがこれなんだよね。

 

「期待値プラスの台がない → 面白そうな台あるから打ってみようかな」

 

これと、

 

「INできるチャートじゃない → だけど行けそうな気がするからINしてみるか」

 

すごい似てるんだよね。

 

スロットの立ち回りで大事なのはとにかく期待値がプラスの台を数こなすことで、もしそういう台がなかったら打たずに帰宅or別の店に行く、っていうのが普通らしい。

トレードにも同じような考えが通用すると思ってて、自分で勝てると思えるチャンスが来たときだけやって、一日チャートを眺めててもチャンスがなければノートレで良いと思ってる。トレードの期待値がプラスかどうは明確にはわからないけど、マインドは通じるものがあると思う。

 

まとめ

トレードと違ってスロットは今やってることが確実に儲かる(期待値プラス)ってわかる分、株みたいな不安はない。だからこそ、一日単位とか一週間単位での収支がマイナスになっても、長期的に続ければ絶対にプラスになるって信じることができる。

トレードも1回1回の結果に一喜一憂するんじゃなくて、そのトレード自体が勝てる手法なのか、勝てる手法だと信じてるんなら続けることが大事なんだと思う。

 

※ここでいうトレードはいわゆるデイトレとかチャートとか板読みとかのテクニカルっぽい取引のことを指していて、「投資」と「トレード」とは別物だと考えてる。

 

P.S.

一週間くらいしかまだスロットやってないけど10万円儲かった^^